EVENT

『でんぢゃらすじーさん』曽山一寿先生来る!コロコロコミック人気作家に訊くまんが道

子供から絶大な人気を誇るギャグマンガ『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の作者 曽山一寿氏をゲストに招いた特別講演会を開催します。
司会進行は、マンガ学部「新世代マンガコース」教員で漫画家のおおひなたごうが担当。同コースでは、インターネットを活用したマーケティング手法なども学びつつ、セルフプロデュースできる次世代漫画家を育成しており、今回曽山氏からどんなノウハウを聞き出せるかも見どころです。

日程:2月18日(日)
時間:13:00~14:30(質疑応答含む)
会場:友愛館Agora
参加費無料、事前申込み不要、先着順


【プロフィール】
曽山一寿(そやま かずとし)
漫画家。月刊コロコロコミックで2001年から連載をスタートした『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』が人気を博し、第50回小学館漫画賞児童向け部門を受賞。長期連載となり、現在は『なんと!でんぢゃらすじーさん』として連載中。

おおひなたごう
ギャグマンガ家・新世代マンガコース教員。代表作は『おやつ』全5巻、『フェイスガード虜』全6巻(共に秋田書店)、『犬のジュース屋さんZ』全6巻(集英社)、『俺に血まなこ』(光栄)など。2014年にはコミックビーム連載中の「目玉焼きの黄身いつつぶす?」がNHKでアニメ化された。また、爆笑問題とのコラボ作品『バクマン!』(幻冬舎)、グループ魂のツアーTシャツデザイン、宮藤官九郎脚本による大人計画の公演ポスター、清水ミチコのDVDジャケットイラストなども手がける。08~12年まで毎年行われた「ギャグ漫画家大喜利バトル!!」を主催。

RECOMEND